John Williams

関連項目: ファーストレスポンダー - 犯罪情報

タイヤ痕 靴のインプレッションがブランド、スタイル、サイズを絞り込むのに役立つように、タイヤ痕も同じことができます。 タイヤ痕は、メーカー、FBI、その他の機関がまとめた検索可能なデータベースで照合することができます。 これらのデータは、タイヤ痕を特定するのに役立ちます。タイヤ痕は、そのタイヤがどのようなタイヤなのか、どのような銘柄のタイヤなのかを捜査員が特定するのに役立ちます。 他の証拠と同様に、タイヤ痕は、容疑者の車のタイヤと照合することで、容疑者を現場に配置し、犯人の特定を助けるために使用することが可能です。

2台の車が同じタイヤ痕を残すことは困難です。 これは、タイヤが使用されるにつれて、タイヤの摩耗によってタイヤの印象パターンが変化するためです。 例えば、車のアライメントがずれているために、タイヤの外周が独特の摩耗をすることがあります。 この独特のパターンは、のタイヤだけに存在するため、調査にとって非常に重要な意味をもちます。使用した車両を容易に特定できる場合もある。例えば、同じ車両に使用されているタイヤが異なる場合などである。

タイヤ痕は、指紋と同様、可視指紋、プラスチック指紋、潜在指紋に分類されます。 印象のサンプルは、いくつかの方法で収集することができます。 最初のタイプは可視指紋で、肉眼で見える指紋で、粉末などの特別な装置を使用せずに写真で収集できます。 次のタイプはプラスチック指紋または3このプリントは、歯科用石材のような粉末状の石材と水を用いて鋳型を作り、乾燥させることで立体的な印象を与えます。 最後に、肉眼では見えないプリントである「潜像プリント」です。 潜像プリントは、通常、平らな表面で見つかります。このようなタイヤ痕を採取するには、静電式ダストプリントリフターとゼラチンリフターを使用するのが一般的です。 静電式ダストプリントリフターとは、塵や軽い土の中の粒子を静電的に帯電させて、ゼラチンリフターのようなリフトフィルムに転写する道具です。 この方法はゼラチンリフターは、多孔質の粗い面、テクスチャーのある面、曲面から印象を持ち上げることができるゴムシートです。 ゼラチンリフターは、車両や現場からプリントを収集するためにも使用できます。 すべての証拠と同様に、これらの印象は汚染を避けるために適切に保存する必要があります。 比較プリントの場合、そのプリントは以下のようになります。を取られた場合は、その指紋を車両に残しておくとよいでしょう。 犯罪現場からのサンプルは、梱包しておくとよいでしょう。

関連項目: エリオット・ネス - 犯罪情報

John Williams

ジョン・ウィリアムズは、経験豊かなアーティスト、作家、そして芸術教育者です。彼はニューヨーク市のプラット研究所で美術学士号を取得し、その後イェール大学で美術修士号を取得しました。 10 年以上にわたり、さまざまな教育現場であらゆる年齢の生徒に美術を教えてきました。ウィリアムズは全米のギャラリーで作品を展示しており、その創造的な仕事に対していくつかの賞や助成金を受賞しています。芸術の追求に加えて、ウィリアムズは芸術関連のトピックについて執筆し、美術史​​と理論に関するワークショップを教えています。彼はアートを通じて他の人が自分自身を表現することを奨励することに情熱を持っており、誰もが創造性を発揮する能力を持っていると信じています。